西宮市(広田小・大社小・平木小・上ヶ原南小・甲東小・甲陽園小・上ヶ原中・平木中・甲陵中・大社中・瓦木中・市立西宮高・県立西宮高・鳴尾高・西宮北高・甲山高・西宮東高など)にお住まいの方の学習・進学・受験指導。1対1・個別指導・少人数指導。

科目ごとの指導方針

小学生

  • 算数

計算力を徹底的に養います。

単に計算のやり方を知っているというだけでは計算ができるとは言えません。いかに速く、正確にこなせるかということが重要です。

まずは効率の良い計算のやり方を指導し、スピードがある程度速くなるまで反復練習していただきます。

計算が速く正確にこなせるようになれば高学年時より、文章題や、図形問題にも取り組んでいきます。

特に、速さや割合、分数・小数を扱う文章問題に重点を置きます。

また、図形問題では公式の使い方を指導し、図形をイメージする想像力を養い、問題に対し試行錯誤する力をつけていきます。



  • 国語

漢字の読み書きを徹底して行います。漢字を正しく書く力は一生の財産になります。漢字を知ることは熟語を知ることになり、語彙力を底上げすることにもつながります。

読解力は低学年のうちは、本読み中心の学習を行い、感想文を書いたり要点をまとめる訓練を行います。

高学年では文章問題に数多くあたり、問題に対する解答の仕方を学びます。

文法は品詞について重点的に指導します。国語の中でも文法は軽視されがちですが、小学生のうちに品詞分解ができるぐらいの力をつけることは英語を学んでいくうえでも大いに役立ちます。



  • 英語

ローマ字からスタートし、アルファベット、中学1年の文法へと進めていきます。

小学生のうちから文法メインで指導するのは早いと思われるかもしれませんが、基礎的な知識もなく、英会話中心の授業を行っても、中学校に上がってから苦しむことになります。

発音も大切ですが、まずは英語を書くということをメインに授業を行い、中学生になった時に十分な結果が出せるように配慮いたします。



  • 理科・社会

※公立中学に進学される方は、特にお取りいただく必要はありません。

中学での定期テストを意識した指導をしていきます。

小学校で習う内容は、中学校で習わなかったり、習う単元でも内容が薄すぎたりしますので、あまり学校の進度を意識せず、あくまで中学に上がられた時、十分な結果を残せるように配慮した指導を行います。




中学生

  • 英語

中学以降のもっとも重要な科目、それが英語です。英語は最低でも高校卒業まで避けては通れません。

みそら塾では英語力の養成に最も力を注ぎます。

文法は、まずbe動詞の文と一般動詞の文の文法上の違いを徹底的に指導します。
これさえできれば中学三年間、大きく成績を落とすことは考えられません。

力のある生徒には、近頃、中学では扱わなくなりつつある5文型について、早い段階から取り組んでいきます。
5文型は高校初期に習う単元で、いきなりつまずいてしまう生徒が多数おられます。

英語は先の学年の内容を知っていて受験等に役に立たないということは全くありませんので、文型の学習を中心に発展的な内容を指導していきます。

単語やリスニングの学習も随時行います。

自宅学習用に教科書準拠のテキストをお渡しします。



  • 数学

1年で習う正負の数、文字式、方程式、比例・反比例、これらの単元を徹底的に指導します。

これらの単元には3年間で習うどの単元にも必要となる要素があります。これらの理解が不安なままでは、2年、3年の学習に進むことはできません。

よって2年生・3年生でも、定着するまで1年の内容に戻って指導します。

逆に1年の内容の理解が十分であれば、どんどん先に進んでいき、思考力・応用力を鍛える指導をしていきます。
特に関数や確率、図形問題に重点を置きます。

計算が苦手な生徒にはドリル形式の問題集を宿題用にお渡しします。



  • 国語

長文読解を指導の柱とし、漢字、文法、古文・漢文の学力を養成します。

読解は、文章の要点を把握することに重点を置きます。文章問題を読んだ後にどういう内容だったのかを質問します。

また、選択問題の選び方、抜き出し問題の抜き出し方、説明する問題の説明の仕方等、各問いに対する解答の仕方を指導します。

定期考査対策用のテキスト、漢字学習用のテキスト等、随時お渡しします。

近年、学校での古文の指導内容が大変薄いものになっております。

高校生になると古文も独立した科目となりますので、特にレベルの高い生徒には学校のレベルにとどまらずに、高校で習う内容にも取り組んでいきます。



  • 理科・社会

理科は単元ごとに区切って指導していきます。

特に、圧力・天気・天体・電流・化学変化等、学校の授業だけでは理解が浅くなりやすい分野を重点的に指導します。

社会は学校により進め方が様々ですが、なるべく早い段階で地理を仕上げ、歴史に長時間費やせるようにします。

先の話になりますが、日本史か世界史のどちらかを大学入試に活用する生徒が多いからです。

公民は中3で、できるだけ短期間で仕上げていきます。




高校生


早い段階で文系に進むか理系に進むかを考え、国公立を目指すのか、私立を目指すのか、推薦を取るのか、方向性を決定します。

なかなか目標が定まらない場合は、とにかく英語だけは優位に立てるように高1、高2のうちは英語の指導を徹底していきます。

英語は高1のうちは文法と単語をメインに授業を行い、高2になり文法がある程度めどが立てば長文読解に切り替えていきます。

語彙は3年間を通して確実に身につけていきます。

高校生用のコースは個別指導のみとなっておりますので、その他個人に合わせて対応していきます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional