西宮市(広田小・大社小・平木小・上ヶ原南小・甲東小・甲陽園小・上ヶ原中・平木中・甲陵中・大社中・瓦木中・市立西宮高・県立西宮高・鳴尾高・西宮北高・甲山高・西宮東高など)にお住まいの方の学習・進学・受験指導。1対1・個別指導・少人数指導。

大手進学塾

※実際に私(堀井)が経験した上での考察です。

大手進学塾の長所

  • 情報が豊富

    特に難関私学入試の場合、さまざまな情報を仕入れることで受験勉強を有利に進められる。


  • システムがしっかりしている

    大所帯のところが多いのでカリキュラムやシステムが固定されている。


  • 自分と同じレベルの生徒がたくさんいる

    生徒数そのものが多いので自分と同じレベルの生徒に出会える。競争意識も芽生える。


  • テストが多い

    自社作成の模試等で成績把握がしやすい。テスト慣れができる。


  • プロ講師が多い

    規模が大きくなるほどプロ講師の絶対数も増える。

  • 授業ペースが速い

    学校よりもかなり先に進むことができる。



大手進学塾の短所

  • 1クラスの人数が多い

    自分がわかっていようがいまいが授業は進んでいく。また、クラスによっては統率がとれなくなる可能性もある。

  • カリキュラムが固定されている

    カリキュラムがしっかりしているのは長所でもあるが、必ずそれに従わねばならず融通が利かない。

  • 講師の質に差がある

    プロ講師から学生講師までさまざまいる。
    難関校受験のクラスに優秀な講師が集まるので、それ以外の層が薄くなる場合もある。
  • 講師との関わりが薄い

    生徒数が多いので名前を覚えてもらえない生徒もでてくる。講師と会話する機会が少ない。

  • クラスが変われば講師も変わる

    成績順のクラス編成なのでクラスの変動がある。カリキュラムは同じでも教え方にばらつきがある。
  • 融通が利かない

    授業時間が決められているので、習い事などとの両立が困難。
  • 演習の時間が少ない

    講義中心の授業形式なので、習ったことをその場で練習する時間が短い。
    家に帰ってしっかり復習しないと身に付かない。

結論

大手進学塾はもともと能力が高い生徒が周りの生徒と切磋琢磨することにより、さらにその能力を高めていくのには適している。

学校の授業についていけない生徒にとってメリットはほとんどない。

個人の目標や、性格が集団授業向きなのかを考えるべき。
塾での演習時間が短いので、宿題を人に言われずしっかりこなせるかも重要。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional