西宮市(広田小・大社小・平木小・上ヶ原南小・甲東小・甲陽園小・上ヶ原中・平木中・甲陵中・大社中・瓦木中・市立西宮高・県立西宮高・鳴尾高・西宮北高・甲山高・西宮東高など)にお住まいの方の学習・進学・受験指導。1対1・個別指導・少人数指導。

よくある質問(Q&A)

よくあるご質問を集めました。入塾をご検討の方はご参照ください。

Q1 入塾金・授業料の返還制度とは何ですか?詳しく教えてください。

入塾金・授業料の返還制度は、一年間お通いいただいたにもかかわらず、成績が上がらずご満足いただけなかった方への制度です。ご満足いただけないまま塾を継続していただくことはできません。入塾金を全額返還し、最終月の授業料を無料とさせていただきます。

他塾ではあまり類のない制度かと思いますので詳しくご説明させていただきます。

この制度を設けた背景には、成績が伸びていないのに塾を続けられている方が多くおられることに疑問を感じたことがあげられます。

塾に行かなければもっと悪くなっていたかもしれませんし、たとえ現状維持だったとしても塾としての役割を果たしているといえるかもしれません。

よって成績が上がらないと言って塾に通う意味がないとは思いません。

しかし、みそら塾はそれだけでは塾としての役割を果たしたとは言えないのではないかと考えます。

話がそれますが、1年間塾に通って成績が上がる兆しがなければ、その原因は主に3つ考えられます。

  • 塾自体が成績を上げる力を持っていない場合
    この場合、同じような立場の生徒が多数いると思われます。当然、塾をやめるべきです。
  • 生徒のやる気が全くない場合
    親に無理やり連れてこられたとか、友達が行っているからとりあえず行こうとか、そういう理由で塾に来る場合です。
    この場合、現時点では塾に行かずにやる気になってから通った方がよいかと思います。時間と費用がもったいないです。
    子どもはやる気にさえなれば短期間のうちに驚くほど伸びるものです。

  • 塾と生徒の相性が合わなかった場合
    環境が変われば意欲的に取り組める可能性があるので塾の変更を検討すべきです。

みそら塾では1年間お通いいただいて、成績が伸びなかったのならそれはすべて当塾の責任であると考えます。

生徒や保護者様に責任転嫁したりは致しません。

ご満足いただいているのか本当の意味で確認がしたいのです。

そのためにも、返還保証付きで入塾金をいただいております。


Q2 Q1の返還制度は1年通っても適用されない場合はありますか?

基本的に、欠席や遅刻をほとんどせず、授業態度に特に問題がなく、宿題をしっかりこなしていただいた方全員が適用の対象となります。

欠席や遅刻は毎回チェックします。
授業態度については目に余る場合は保護者様にご相談させていただきます。

要するに、普通にやったのに伸びなかった場合は必ず適用されます。


Q3 子どものやる気は引き出してくれますか?

もちろんさまざまな工夫をし、やる気が少しでも出るよう努力はします。
しかし、やる気は引き出せる場合と引き出せない場合があります。

例えば、野球をやりたいと言っている子どもに、サッカーをやらせてやる気が出ますか?

茶道など全く興味がないのに、無理やり茶道をさせられたとして、やる気がでますか?

いくら教える側が創意工夫をしてもどうしようもない場合もあります。
ですから、入塾される際に自らの意志で入塾するのだということを確認させていただきます。自らの意志がなければ、勉強を始めるというスタートラインにすら立てないからです。

勉強が上記の例と違うところは、『成績が悪いよりはいいほうがいい』と、みんなが心のどこかで思っているということです。

『成績が上がればいいなぁ』、『ちょっとは頑張ってみようか』そういう気持ちだけは持ってお越しいただきたいです。


Q4 宿題はどれくらい出ますか?

宿題はほぼ毎回出しますが、1回の授業につき、1時間ほどで終わる量です。

もちろんたくさんこなしてくれる生徒に対してや、目標に応じて多めに出したりはします。
ですが、あまり多く出してもこなせなかったら意味がないですし、多すぎるのはやる気の減退につながります。&br
この量で成績が上がるかどうかですが、しっかりやれば十分上がります。
成績が上がらないのは少量の宿題でさえきちんと解いていない可能性が高いです。


Q5 入塾金20,000円は高くないですか? 

確かに高いです。
しかし、みそら塾の入塾金は、学力アップを保証するものであることをご理解ください。
1年後、ご満足いただけなかった場合は、最終月の授業料とともに全額返金させていただきます。

最初に高い額をお支払いいただいて儲けようというのとはわけが違います。
また、入塾金を設定することにより、ご入塾の際、保護者によくご検討いただきたいという思いもあります。


Q6 講師は学生ばかりですか? 

社会人講師や塾長自身も授業を担当しております。人数的には学生が多いです。
常に塾長が滞在しておりますので、生徒となれ合い的雰囲気になりまじめに取り組まなくなるということはありません。


Q7 塾で自習はできますか? 

いくらでもやっていただいて構いません。定期テスト前などは休講日でも来てくれる生徒がいるのであれば教室を解放いたします。


Q8 テスト前などに普段取っていない科目の指導もしてくれますか? 

テスト前のみ追加で授業をお取りいただくということは行っておりません。普段取っていない科目は、テスト前の自習の際に質問をしていただいたり、プリントをお渡ししたりしております。


Q9 授業の曜日はいつで、何時から何時までですか? 

学年やクラスにより違いますのでお気軽にお問い合わせください。大まかには、小1~小4→17時半まで、小5・小6→17時40分~19時、中学生→19時10分~20時半、高校生→20時40分~22時となっております。
個別指導のコースでは基本的にお子様のご希望の曜日・時間にお越しいただくことができます。


Q10 中学生ですが、最初は個別指導コースにしていて途中から少人数指導コースに移ることは可能ですか? 

はい、可能です。実際、最初は基本的なことができていないので個別指導コースにお越しいただき、その後成績がアップして、2,3か月で公立高校進学コースに移っていただいた方もおられます。

個別指導コースのほうが費用が高くなるので少人数指導コースのほうに入りたいとおっしゃる方もおられますが、学校の授業についていけない方は少人数指導でもついていくのは難しくなります。また、『自分のペースで学習がしたい』という方は個別指導コースでないと対応は難しくなります。

特に中二や中三からご入塾いただく方は、一・二年の復習も個人に合わせて取り入れていきたいので個別指導コースのほうをお勧めいたします。

また、数学は得意だけど英語は苦手な方は『数学は少人数指導で、英語は個別指導で』という受講の仕方も可能です。


Q11 小学生で学校の授業についていけない場合はどうしたらよいですか? 

まずは、学年を問わず、基礎学力養成コースを受講ください。このコースは月額8,000円(週2回なら5,500円)で、よく「安いですね。」と言われますが、あえて安く設定しております。もともと低学年向けに作ったコースですが、このコースで基礎学力をつけておけば、学校の授業についていけなくなるということは考えられません。

「計算ばかりやらせても意味がないのではないか?」とおっしゃる方も多いですが、「計算ができていないから、学校の授業についていけない。」という場合が多いです。また、そこそこできる子でも学年が上がるにつれ、計算力がないせいで伸び悩んでいる場合もあります。当コースの算数は、計算がメインですが、かなり難しい計算にも取り組んでいただきますし、しっかり頭を使っていただきます。

また、学校で分からない問題があった時は、お持ちいただきましたら計算に限らずすぐに指導いたします。

「学校の授業についていけないので何とかしたい。」というお気持ちはよくわかります。しかし、わからなくなったところから積み上げていくことは、回り道に思えるかもしれませんが、結果的には最短の道だと考えます。

学校の授業を少しでも理解したい、一人で机に向かうこと自体が難しい、という方は小4~小6生対象の個別指導コースを受講してください。


Q12 教えてくれる先生は毎回変わりますか? 

講師は基本は担任制です。ですから、ころころ担当が変わるということはありません。しかし、新しい生徒が入塾されたときなどに、講師の配置換えを行うことがあります。その際も、よりよい配置になるように考慮いたします。講師に関するご希望もおっしゃっていただけましたら、可能な限り対応いたします。ご希望により入塾時より一貫して塾長(堀井)が指導している生徒も多数いらっしゃいます。


Q13 先生はここに住んでいるんですか? 

体験授業に来られた方や、入塾して少したってから生徒さんによく聞かれます。

確かにアットホームな雰囲気ですが、マイホームではありません。
生徒に「住んだらいいんちゃうん?」と言われたりもしますが、塾なのであまり生活感は出したくないと考えております。 


Q14 他に系列はありますか?今後作る予定はありますか? 

今のところ、1教場のみで、自分の目の行き届く範囲でやっていきたいと思います。 

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional