西宮市(広田小・大社小・平木小・上ヶ原南小・甲東小・甲陽園小・上ヶ原中・平木中・甲陵中・大社中・瓦木中・市立西宮高・県立西宮高・鳴尾高・西宮北高・甲山高・西宮東高など)にお住まいの方の学習・進学・受験指導。1対1・個別指導・少人数指導。

みそら塾の受験指導

小学生


小学生は勉強することはできても、まだ受験というものがどういうものなのかを理解できていません。

入試に合格するためには、目的意識を明確にし、自らの意志で受験に向かっていく気持ちを持つということが大切です。
それがなければただ勉強をやらされているだけになってしまい、身に付くものも身につきません。
長時間の学習に耐えられないでしょうし、周りの誘惑にも負けてしまうでしょう。
勉強が嫌いになってしまうかもしれません。

また、塾での学習時間より家庭での学習時間のほうが圧倒的に長くなりますから、ご家庭でどのように学習されているかも把握する必要があります。

みそら塾では、その辺りのことを踏まえ、ただ勉強を教えるだけという無機質な授業は行いません。常に生徒の気持ちを把握し、前向きに取り組めるように配慮していきます。

学習面においては、特に中学入試の場合、各学校によって出題パターンや癖がありますので、第一志望校に狙いを定めて効率よく得点できるように努めてまいります。



中学生


西宮学区は2009年度入試より、総合選抜制から複数志願制に移行しました。

自らの意志で通う学校を選択できるようになったのはとても価値のあることです。
この制度をうまく利用することは、高校へ入学してからの学習やその後の進路によい影響をもたらします。

しかし、この意味を理解せず、中3の入試直前になって学校の先生の勧められるままに受験校を決定したのではもったいないと言わざるを得ません。

よって、この制度について理解していただき、早くから志望校に向けての対策を講じていきます。

以前の入試制度より内申書の価値が格段に上がりますので、内申書アップの対策に力を入れていきます。

そして、内申書がよく希望の高校に入学ができたとしても、そこで周りから振り落とされずに、順調に学習を進めていくためには、特に、中学の英語・数学の内容に不安があってはいけません。

英語・数学は特に学校のテストの点数には表れない『本当の実力』をつけていただくように指導します。

『本当の実力』とは入試で得点する能力にほかなりません。



高校生


高校では、科目数も増え、部活動も厳しくなり、学習のみならず本当に忙しくなります。なるべく早く志望校を決定し、それに向かって勉強していけるように、生徒とよく話し合います。

また、指定校推薦対策も重要です。

指定校推薦は推薦を受ける権利さえ得られれば、ほぼ100%合格できる入試制度ですので、受ける価値が大いにあります。
受けるか受けないかをできるだけ早く決断し対策することが重要です。

個別対応により、生活・学習・進路、すべての面においてきめ細かい指導をしていきます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional